進研ゼミ中二講座のメイン教材の受験情報教材について

進研ゼミ中二講座のメイン教材の受験情報教材について

進研ゼミの中二講座は基本的に高校入試に備えた学習を行い、志望校への合格を目標としている。志望校への合格のためには当然毎日の学習というのも重要ですが、それだけではありません。特にお子さまが初めての受験となるというお父さんお母さんにとっては高校入試とはどういうものかを知ることも重要になります。

 

そこで進研ゼミの中二講座の受験情報教材が非常に役立ちます。受験情報教材では志望校の都道府県別の受験情報が届けられます。それぞれの状況に見合った情報が手にはいるということですね。

 

この受験情報教材については4月号と8月号で届くことになります。まず4月号では入試制度の基礎知識ということで志望校のある都道府県における入試制度の情報が掲載されています。例えば内申点というのは何年生の分から反映されるのか、など気になる情報がたくさん載っているので役にたちます。8月号で高校情報のデータブックが届けられます。このデータブックでは都道府県別の高校情報が豊富に掲載されています。それぞれの高校がどのような高校なのかというのがわかりやすくまとめられています。

 

さらに中二講座ではお子さまのための受験対策として1月号から3月号まで毎月一冊受験情報付録シリーズが届きます。これは進研ゼミの中学講座を利用して高校受験をした先輩がどのようなスケジュールで学習し、そして合格したのかのモデルケースが掲載されています。自分がいつ何をするべきかわからないというお子さまは多いですから非常に役立ちます。

 

受験情報教材についてはお子さまだけでなく、保護者の方が一緒に見て考えるための教材となっています。志望校が決まっていないというお子さまも多いかと思いますが、志望校はできるだけ早く決めた方が入試対策も早く決めることができて有利です。これらの受験情報を参考にしてお子さまの志望校を絞り込んでおけば早くから受験に向けた対策をたてて取り組むことが可能となるわけですね。



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


Z会中学生講座&アドセンス広告